ホワイトシュナウザーが樋口様(滋賀県)のもとへ巣立ちました!

1月10日生まれのホワイトシュナウザーの子犬(女の子)が滋賀県の樋口様のもとへ巣立ちました。

「子犬選び」のときには悩みに悩み抜かれておられましたが、お気持ちは察するに余りあります。しかし一度迎え入れることが正式決定するととても喜ばれておられました。嬉しかったです。

この子犬も「パピー合宿」でしっかりと鍛えられて、公道でも横断歩道や車のよく走る歩道でもテクテクスタスタとよく歩けるようになっております。段差があってもグレーチングでもマンホールでも全然平気です。

元々明るい子であまり物怖じしない気質を持っています。きっと人好き犬好きな子に育ってくれることでしょう。

さて、ここではよく使っているリーダーウォークとは一体どういうものか説明いたします。散歩のことですがただリードを付けて歩くだけではなく、飼い主の左側を付いて歩くことをいっています。そのためには子犬が行きたい方向、例えば匂いを嗅ぎに行く方向へついて行ってはいけません。

リードを持っている飼い主主導で歩き切らなければいけません。散歩の最初にテンションが上がるからといって子犬主導であとを付いていくようではいけません。飼い主が止まれば子犬も止まらせ、飼い主が右へ行けば子犬も右へ、左なら左へ、歩くスピードもどれだけ歩くのかもすべて飼い主が決めなければいけません。

つまりは散歩は運動ではないということです。散歩と運動を結び付けてはいけません。散歩とストレス解消が結びついている子は自由奔放に散歩させていることと、毎日散歩へ連れ出して散歩が習慣付いてしまっているからです。そういう習慣付けをしない方がいいですし、する必要はありません。

太らないのか、という人がいますが太るはずがありません。適量の食事を与えることが肝要です。去勢・避妊手術の影響で太った子は痩せにくいものですが、それでも食事の与え方や食事内容の工夫で太らないものです。

2016年4月6日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved