ホワイトシュナウザーが尾崎様(三重県)のもとへ巣立ちました!

1月10生まれのホワイトシュナウザーの子犬(女の子)が尾崎様に引き取られました。

子犬の名前は「シューマッハ」です。シュウちゃんと呼ばれるそうです。

モトコランドからは2頭目のミニチュアシュナウザーを迎え入れることとなりました。先住犬は今年の1月に亡くなり、モトコランドで納骨されました。

シューマッハは「パピー合宿」に入っており、リーダーウォークできるようになり、犬同士の社交性が身に付いて、お手入れ慣れして巣立っております。サークル内では完璧に排泄できるようになっていましたので、きっと今もサークル内ではうまくできていると思います。

これからの目標は室内(まずは1部屋限定)に放しても排泄の粗相がないように躾けることと、甘噛みしないようにメリハリを付けて接することと、家の近所の賑やかな場所へ連れ出すことが大切です。

番犬にしたいという飼い主さんは今となっては滅多にいらっしゃいませんから、できるだけフレンドリーな子に育て上げることが大切です。警戒心を持たない子に育てるためにもできるだけ家族以外の人に触ってもらったり、外の世界の騒音を聞かせて慣れさせる必要があります。

もちろん生活音(家の中で聞こえる音)にも慣れさせましょう。ここでもインターホンの音は聞かせてきましたが、他人だけでなく家族がインターホンを鳴らして子犬に音を聞かせることが重要です。そうすることで犬は他人も家族もどちらもインターホンを鳴らすので吠えにくくなりますし、家族の皆さんもインターホンの音にドキッとしなくなるでしょう。それが狙いです。分かりますか?おこ意味が。

尾崎様は今までにもマメにトリミングに来てくださっていました。またご来舎されたときに「モトコランド奮闘記」でご紹介いたします!

2016年4月6日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved