ポメラニアンが堀様(石川県)のもとへ巣立ちました!

2015年11月14日生まれのポメラニアンの子犬(男の子、ホワイト)が石川県へ巣立ちました。

子犬の名前は「れん」です。

去年の8月にご予約頂いてやっとご希望の子犬が誕生しましたので、こちらから「子犬選び」の日程についてメールでお知らせいたしました。子犬が決まったのちに生後61日目かられんは「パピー合宿」に入りました。

堀様には先住犬(モトコランド出身ではありません)がいます。その子には躾けに問題があることと、れんと仲良くできるかどうかが心配だったということもあり、先住犬のトイプードルをこちらでお預かりするために、れんのお引取り日の2週間ほど前に先住犬を「愛犬合宿」に入れることになりました。

つまり、モトコランドで初顔合わせをしたわけです。先住犬のトイプードルにしてみれば自分の方が年上ですがホームグラウンドではなくアウェーで子犬とご対面となります。当然遠慮があります。これが大切です。子犬の側からしてみれば立場は年下ですから弱いですが、自分が生まれ育った環境(ホームグラウンド)で年上のトイプードルと寝食をともにします。

2人はここで2週間ずっと一緒に過ごしました。飼い主様はさぞ寂しかったことと思います。このパターンの場合、皆さん同じ思いです。2人はサークル内でも、運動場に出ても、散歩でもずっと一緒です。食べるとき以外はすべて行動を共にします。特に散歩が一緒にできなければ困ります。「できる」といっても上手に、スムーズに2人一緒に歩けなければいけません。(2頭引きリードは使いません)

最初の2人は距離がありました。モトコランドのれんは犬同士の社交性がありますのでトイプードルを遊びに誘いますが、トイプードルは迷惑そうに避け続けていました。しかし、徐々にトイプードルがれんを避けなくなりました。2週間の合宿期間があってよかったです!

他にもトイプードルには問題がありましたがそういった面も合宿期間中に解決策を考え、手を打ち、そして合宿カルテにその旨を記載して堀様にお渡ししました。

今後ごろはきっと問題なく2人が新生活をスタートさせていることと思います!

 

2016年3月2日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ポメラニアンについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved