ホワイトシュナウザーが塩澤様(静岡県)のもとへ巣立ちました!

4月7日生まれのホワイトシュナウザーの男の子が静岡県へ巣立ちました。

名前は「バロン」です!

生後6ヶ月過ぎで巣立ちました。

珍しいことにご主人と同じ誕生です!!

一緒に写真に収まっている子(写真向かって右)は「キャンディ」といいまして、2011年12月25日(クリスマス)に生まれた女の子(避妊手術済み)です。

キャンディは口髭も四肢の被毛もかなり短くカットされています。

特に先住犬がいる場合、次に迎え入れる子はできるだけ月齢がたっている子がいいですから、塩澤様はとても喜ばれていました。

バロンは男の子ですからキャンディよりも骨格が太く、カットのスタイルも凛々しいので、その違いも喜んでくださっていました。

このように男の子と女の子を迎え入れた場合、どちらが年上であるかに関係なく、女の子が強くなります。

また性別に関係なく、下の子は「下の子気質」があるもので、怖いもの知らずだったり横着だったり甘え上手になる傾向が強いです。

さて、この2頭がどんな関係を築くのかこれからが楽しみです!!

お便りが今から楽しみです!

2014年10月26日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ホワイトシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved