トイプードルが紺野様(愛知県)のもとへ巣立ちました!

2017年1月1日(元旦)生まれのトイプードルの子犬(レッドの女の子)が愛知県の紺野様のもとへと巣立ってゆきました。

子犬の名前は「モジャ子」です。和名は珍しくありませんが、初めて聞く名前です!ご主人の命名です。

紺野様は愛犬との暮らしは初めてです。ご予約時の希望条件は女の子に限定しておられなかったですが、ドワーフタイプのトイプードルを希望されていました。今年の元旦生まれの「モジャ子」が正にドワーフタイプ(胴が長め)だったので2月に「子犬選び」に来てくださって正式決定しました。

その後、モジャ子は生後61日目からずっと「パピー合宿」に入り、6種混合ワクチンは生後40日目、70日目、100日目のすべてを終えました。実は姉妹犬がモトコランドにいますので長らく姉妹で過ごし続けてきました。

トイプードルはしつけを入れやすい犬種です。ですが衝動的に迎え入れることを決定しても、すぐに子犬を連れて帰るのではなく、いろいろな下準備をした方がよいです。ペットショップで迎え入れることを決定した場合、モトコランドに置き換えると「子犬選び」の日が「子犬の引取日」になってしまいます。そして「パピー合宿」のようなしつけは入れてくれません。

それだけに下準備として、飼育用品やしつけのポイントや飼育方法を押さえてから子犬を迎え入れるしかありません。そして、できるだけ月齢の高い子、つまり生後2ヶ月よりも3ヶ月、3ヶ月よりも4ヶ月の子犬を迎え入れましょう。

話はそれましたが、モジャ子は生後3ヶ月半でご自宅へ迎え入れられることとなりました。長かったと思います。しかしこの”待機期間”は重要です。これがあってこそ先に述べた下準備ができますし、パピー合宿でモジャ子はしつけに励むことができました。

最高のドッグライフを送って欲しいです。そしてそれをモトコランドにだけ教えて欲しいです(笑)。

2017年4月16日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

トイプードルについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved