トイプードルが阿野様(神奈川県)のもとへ巣立ちました!

2017年1月1日(元旦)に生まれたトイプードルの子犬(レッドの男の子)が神奈川県の阿野様のもとへと巣立ってゆきました!

子犬の名前は「ルイ」です。

実はよく元旦に出産があります。この子はトイプードルの中でもいわゆるドワーフタイプです。トイプードルのスタンダード(犬種標準)でみると標準ではない身体の構成です。つまり胴が長めで足の方が短めのタイプです。

モトコランドではドワーフタイプの血統を昔から1つだけ残し続けてきました。そこから誕生したのがルイです。ドワーフタイプは骨太でよく食べて、背は低めですが体重が3kg台の子が多いですから重ためです。

ルイは約1ヶ月間ほど「パピー合宿」に入っていました。阿野様は昨年の12月にご予約されて、その後トイプードルの誕生をお知らせして、2月4日に「子犬選び」して頂きました。ルイがパピー合宿に入っている間に飼育用品のアドバイスをさせて頂いて、ルイのお引取りの日を迎えました。阿野様は電車にてご来舎頂いていますので、最寄の駅までの送迎をさせて頂いております。

小学5年生の息子さんが犬が苦手だったということでしたが、前向きになったということで今回トイプードルとの暮らしが始まることとなりました。おめでたいです!

ご家族の中で愛犬と暮らすことに抵抗があるかまたは無関心である場合があります。無理はしない方がよいわけですが、このようなケースでは案外前向きではなかった方がとても愛犬を可愛がってくださることが多いです。そして、そういうお話を聞かせて頂いたときにはガッツポーズの気分になります。ブリーダーとして送り出した子犬がその家族に愛されることはこの上なく嬉しいものです。

いつかよいご報告が聞けることを今から楽しみにしています!

2017年4月3日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

トイプードルについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved