ミニチュアシュナウザーが上中様(和歌山県)のもとへ巣立ちました!

2016年12月25日生まれのミニチュアシュナウザーの子犬(ブラック&シルバーの女の子)が和歌山県の上中様のもとへと巣立ってゆきました。

子犬の名前は「華」です。

元々上中家では室内での愛犬の飼育にあまり前向きではなかったようでしたが、話し合いの結果ミニチュアシュナウザーを迎え入れることに決定して昨年モトコランドへご見学に来られた後の11月にご予約されました。

その後、子犬が生まれて(12/25に華が誕生!)、1月下旬頃に「子犬選び」に来てくださいました。そして「モトコランド飼育マニュアル」アニコム動物保険の資料をお渡しして、飼育用品のアドバイスをさせて頂き、「パピー合宿」の説明をお引取り日について話し合いました。

子犬(華)は生後61日目からパピー合宿に入り、しつけに励みました!混合ワクチン接種は2回(生後40日目と70日目に接種済み)し終えております。1ヶ月のパピー合宿(しつけ)でかなり聞き分けのよい子に育ちつつあります。


よく皆さんにお伝えしていることを列記してみます!

「規則正しい生活はしない方がよい」
毎日同じ時間に同じことをすると犬は覚えてしまいます。
そして期待し、要求します。

「散歩は毎日行かない方がいい」
全然散歩に行かないとか毎日行くのはよくないです。
毎日行くと、それが習慣付きますし、場合によっては外でしか排泄しない子になることもあります。
散歩は運動でもストレス発散のためでもありません。
お行儀よく歩かせることが第一の目的です。

「叱り上手になってほしい」
メリハリのある接し方、特に叱るときは厳しくしましょう。
怖がっていなければ効果がないわけです。

「飼い主中心の生活を心がけましょう」
飼い主あっての愛犬ですから、飼い主の負担になることはしないでください。
主従関係を意識して接しましょう。

「社交的な子に育てる」
警戒吠えしない子に育てるためにも、できるだけ他人に触ってもらいましょう。
そして、できるだけ賑やかな場所、駅前や商店街などへ連れて行き、
外の刺激に慣れさせてください。
これが最も大切な躾です!

「芸と躾けを混同しない」
マテ、フセ、スワレは芸の内、と考えましょう。
つまり覚えさせる必要はありませんし、覚えさせたところで主従関係が
付いた、賢くなったと錯覚しないようにしてください。

2017年3月30日

可愛いと思ったら是非「いいね」してくださいね!

ミニチュアシュナウザーについてご感想・お問い合せを送る 子犬の購入についてのご相談はこのボタンをクリックして下さい。

Copyright Motocoland

All Rights Reserved